f:id:tarumaesan30:20170314093250j:plain


性別:女性
年齢:24
職業:専業主婦

大学三年目の生活に入ったとたんでした

18歳から単身で大学に通っていた私は、18年間親にしてもらっていた自己管理などを一気に自分でやることとなりました。そして二十歳を過ぎた三年生の夏、私の口の端にいきなり得体も知れない出来物ができたのです。
当時働かせていただいてたアルバイト先で、同じ症状を患っていた主婦の方から、口唇ヘルペスだと聞きました。それが始まりになり、学生時代では4回ほど口唇ヘルペスを起こすことになったのです。

毎回発症するのは、口の端…大好きな食べ物がおいしく食べれません

なぜかわかりませんが、私は発症する部分が毎回口の端で、大きな口を開けることができず、酷い時には友人と他愛のない話をすることも、食べ物を食べることすらも苦しい時がありました。食べることが好きだった私が、食べることを我慢するのはとてもつらく、口唇ヘルペスが出ている時はほとんど咀嚼しないでいい物を食べていました。
また見た目にもよくなく、発症するまで頑張って続けていた化粧もマスクによって隠すことになり、化粧が面倒くさいというものに変わり、見た目に気を配るのは口唇ヘルペスを隠すことだけと、一番身だしなみなどを気にかけたい時期にかけられなかった悔しさがあります。
そして自分自身がどんどん暗い性格になっていることが、周りから見ても私が見てもわかりました。

一番は精神安定、口唇ヘルペス自体は自分のケアで治っていきます

口唇ヘルペスになってしまったら、一番気にかけることは今自分が精神的に安定しているかです。
口唇ヘルペスは、市販のリップクリームでも病院で処方されるものでもいずれは治るものになりますし、口唇ヘルペスは欠乏した栄養を摂取することが治す近道なのでこれらが健康の道になります。
ですが、自分の精神的な安定は自己で持ち直すのが一番健康なのです。
よくよく考えると、私が口唇ヘルペスを患ったときには必ずと言っていいほど、不眠症のような状態になっていました。
勿論こういった状態は結果的にも体にはよくなく、口唇ヘルペスが引き起こされたのも頷けます。
私は精神の不安定は、人から引き起こされるものだと思っています。そうであるなら、人が安定させてくれるのです。よく一人で抱え込みがちですが己自身、なんでも話せる人がいることが一番なので、私は夫によく話を聞いてもらっています。
学生が終わってから、すぐ結婚した私ですが結婚後今のところ口唇ヘルペスにはなっていません。
恐らくは最近は両親やママ友も話を聞いてくれるので、不安定なことがなくなったからだと思います。
他にも口唇ヘルペスを早く治す方法が様々とありますので、参考にし情報を持っておくことがベストかと思います。