f:id:marverickjp:20170515201638j:plain

なんだか、喉に何かが詰まったようだったり、いがらっぽかったり、変な感じがすることはありませんか。それがしばらく続いたりしたら気持ち悪いですよね。

どんなことが考えられるのか、調べてみました。

喉に違和感が生じる原因

風邪

風邪を引いて喉がおかしくなるのは、誰にも経験があることですよね。

気管支炎

咳が出て、喉が詰まった感じがする場合は、気管支炎が考えられます。

急性気管支炎は、ウィルスに感染することで発症します。

一方、慢性気管支炎の主な原因は喫煙です。大気汚染などによることもあります。

扁桃炎

喉に違和感があり、ものを飲み込もうとすると痛むときは、扁桃炎の可能性があります。(扁桃は、以前は、扁桃腺と言われていました)

扁桃が、細菌に冒されて、腫れた状態です。膿が出ることもあります。

咽頭炎

咽頭とは、鼻や口の一番奥のあたりです。ここにウィルスや細菌がついて、赤く腫れたり痛んだりするのが咽頭炎です。

後鼻漏(こうびろう)

後鼻漏とは、鼻水が喉へと流れ落ちていくことです。健康な状態でも、鼻水が作られて喉に落ちていくのですが、風邪・アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎(蓄膿症)・上咽頭炎などのせいで、大量の鼻水が喉を通って落ちていくと、違和感を感じることがあります。

咽喉頭異常感症

喉の詰まった感じや不快感を訴えて医者に診てもらっても、何の異常も見つからないものです。

自律神経のバランスの乱れと考えられ、「ヒステリー球」とも呼ばれます。

更年期障害の一つとして、ホルモンバランスの乱れにより、喉に違和感を感じたり、口が渇いた感じがすることもあります。

ストレスを無くし、充分な睡眠を取り、適度な運動をするようにします。

咽頭アレルギー

喉の粘液が分泌されずに無防備になっているところに、花粉などのアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)がついて、赤く腫れている状態です。

食物に対するアレルギーがあることもあります。重くなると、アナフィラキシーという、呼吸困難などを引き起こす症状が現れます。

逆流性食道炎

胃酸が食道を逆流してきて、喉が、強い酸性である胃酸にさらされて炎症を起こすことがあります。

甲状腺の異常

甲状腺がんなどの甲状腺の病気により、喉に違和感を感じることがあります。

咽頭がん・喉頭がん・食道がん

咽頭(鼻や口の一番奥のあたり)や喉頭(咽頭の下で、のどぼとけのあたり)・食道(咽頭と胃をつなぐ器官)にがんができると、喉に違和感を感じることがあります。

心臓病

狭心症や心筋梗塞の初期症状として、喉が詰まる感じがすることがあります。

糖尿病

糖尿病にかかると、喉が渇くと言うことは知られていますが、喉に違和感を覚える人もいます。

肩や首のこり

肩や首がこって筋肉が固くなると、喉のあたりの筋肉が縮んで、喉に違和感を感じることがあります。

パスツレラ症

犬や猫などのペットが持っている「パスツレラ」という菌が人間にうつると、喉にイガイガした違和感を生じることがあります。

 

このように、喉に違和感がある場合は、それほど心配する必要のない場合も、重大な病気の兆候の場合もあります。

違和感がなかなか取れないときは、病院に行きましょう。